作成者別アーカイブ: admin

剥がれてくる脱衣所の壁

 5年以上前になりますが、和式トイレを洋式トイレに、お風呂をユニットバスに変え、その工事に伴って脱衣所の壁紙も張り替えました。 本来、リフォームをするなら、いろんなリフォーム会社をまわり「どこのメーカーのどんな機能の付いたものを、どう設置するか」など、費用も含めじっくり検討するかと思います。ですが、老朽化で急ぐ気持ちが強かったため、家を建てる時にお世話になった大工さんに一切を任せてしまいました。 もちろん、費用や、バス・トイレの形や機能、壁紙の色などの打ち合わせはしました。大工さんから、依頼を受けた、それぞれの作業ごとの、それぞれの会社の業者さんが作業される形になりました。中には「仔犬なので世話が必要」と、軽トラに犬を乗せて来ている人もいて、手の空いた時に世話をされているようでした。その時は優しい人なんだなと思いました。その後、トイレ・バス共に問題なくリフォームが完了しました。 それから、一年も経たない内に、脱衣所の壁が天井近くから全体にめくれて来ました。2、3mmの厚さのシートが、ぺりぺりと上から剥がれて来る感じです。更に剥がれた下には、カビだらけの壁が剥き出しになって出て来ました。技術的なことはわかりませんが、防カビ処置の不足した上に、新しい壁を貼り付けたためか、または、湿気の多い場所に向かない材質の物を張り付けたためではないかと考えています。 分業だったためか、壁によっては材質も違い、縁にコーキング材も塗られ、同じ湿気の多い場所でもしっかり張り付いている壁もあります。剥がれた壁の場所を張り替えされたのは、犬の世話をしていた方でした。作業当時は「やさしい人柄」と、好感を感じていましたが、今は公私の区別のついていない人だったのでは?などと感じています。 リフォーム後しばらくして、依頼した大工さんが廃業されてしまい、相談したくても、どこへ連絡していいかわからず困りました。リフォームを専門に実績を積んでいる会社に依頼し納得の行くまで調べ、打ち合わせを重ねてリフォームするべきだったと今は思っています。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

屋根瓦の種類

家全体を長持ちさせようと思った場合には、20年ごとに瓦屋根をメンテナンスしたり葺き直しを行うことが推奨されています。素材によっても耐用年数は異なりますが、防水シートは20年程度しか持たないことから、20年に1度のメンテナンスは必要となります。 一言で瓦といっても陶器瓦やいぶし瓦、素焼き瓦、セメント瓦・コンクリート瓦などの種類があります。この中の陶器瓦は耐用年数がもっとも長く50~60年ともいわれていますが、高級な瓦を採用した場合施工価格も高額になる場合がありますから、事前に調べておくと安心です。いぶし瓦や素焼き瓦もそれに迫る耐用年数があります 日本瓦は高い耐久性と荘厳な見た目から長い間愛されている屋根材です。陶器瓦は瓦に釉薬を塗って窯で焼き上げたもので、塗装とは異なり深い風合いを出すことができるのが特徴です。釉薬は瓦の表面をガラス質に加工していますから、水が浸透せず豊富なカラーバリエーションが魅力となっています。 いぶし瓦はなにも塗らずに窯で焼いた後、蒸し焼き処理を施した瓦のことで、渋い銀色で神社仏閣などでも広く用いられています。 日本瓦は耐久性がある一方で重いというデメリットがあり、葺き替えをする場合既存の建物に対して瓦の重さが不釣り合いになるケースもありますから、事前に施工会社としっかりと打ち合わせを行うことが大切です。

カテゴリー: リフォーム | コメントをどうぞ

中古住宅をリフォームする際の注意点とは?

新築よりも手ごろな費用で手にできる中古住宅。立地も良く、生活にあった広さの為思い切って購入したという方もいらっしゃると思います。 ここからご自身でリフォームを行い、安心して生活のできるお住まいを維持していくことになるのですが、住んでみて予想と違った!希望のリフォームが出来ないといった制約にお悩みの方も出てくると思います。 中古住宅の思わぬ落とし穴は、住宅としての基本性能が、現代の住宅よりも劣っている可能性があるということです。 断熱性が低く、住んでみたら冬は寒いし夏は暑い…耐震性に関してはどうすれば良いの?と頭を抱えるような問題点が隠れています。 購入する前に後悔がないように、どのような住宅かを見極める必要があります。 ポイントは建てられた年数です。1981年に耐震性能、1999年に断熱性能の基準の変更、2003年には24時間換気システムの導入が義務となりました。 その為それ以前に建築された住宅は、何かしらの性能に欠けている可能性がありますので、ご自身でリフォームをする必要があります。 見栄えが良いだけでなく、住宅の構造や性能に関して、しっかりと吟味したうえで中古住宅を購入しましょう。

カテゴリー: リフォーム | コメントをどうぞ

訃報 元プロ野球投手の加藤初さん66歳

社会人野球の大昭和製紙から1972年に西鉄ライオンズ(現・西武ライオンズ)に入団し、17勝して新人王に輝いた元プロ野球投手の加藤初(かとうはじめ)さんが直腸がんのため、66歳で亡くなった。 1972年の西鉄ライオンズ時代には新人王、その後は太平洋を経て1976年に巨人に移籍、その年に無安打無得点試合を達成。通算成績は490試合に登板、141勝113敗22セーブ、防御率3.50を納めた。

カテゴリー: 葬儀 | コメントは受け付けていません。

2016年11月22日福島、茨城、栃木各県で震度5弱の地震が発生

2016年11月22日午前5時59分頃、地震が発生し、福島、茨城、栃木各県で震度5弱を観測した。震源地は福島県沖で、震源の深さは約25キロ。地震の規模(マグニチュード=M)は7.4と推定される。 この地震では岩手県から東京・八丈島と広い範囲で津波を観測され、宮城県の仙台港では1メートル40センチを記録。この津波による青森、岩手、宮城、福島、各県と茨城、千葉両県の太平洋側沿岸の住民に避難指示も出されている。 気象庁では「今回の地震は東日本大震災の余震。今後1週間は同程度、最大震度5弱の地震に注意が必要」と述べている。

カテゴリー: 災害 | コメントは受け付けていません。