剥がれてくる脱衣所の壁

 5年以上前になりますが、和式トイレを洋式トイレに、お風呂をユニットバスに変え、その工事に伴って脱衣所の壁紙も張り替えました。

本来、リフォームをするなら、いろんなリフォーム会社をまわり「どこのメーカーのどんな機能の付いたものを、どう設置するか」など、費用も含めじっくり検討するかと思います。ですが、老朽化で急ぐ気持ちが強かったため、家を建てる時にお世話になった大工さんに一切を任せてしまいました。

もちろん、費用や、バス・トイレの形や機能、壁紙の色などの打ち合わせはしました。大工さんから、依頼を受けた、それぞれの作業ごとの、それぞれの会社の業者さんが作業される形になりました。中には「仔犬なので世話が必要」と、軽トラに犬を乗せて来ている人もいて、手の空いた時に世話をされているようでした。その時は優しい人なんだなと思いました。その後、トイレ・バス共に問題なくリフォームが完了しました。

それから、一年も経たない内に、脱衣所の壁が天井近くから全体にめくれて来ました。2、3mmの厚さのシートが、ぺりぺりと上から剥がれて来る感じです。更に剥がれた下には、カビだらけの壁が剥き出しになって出て来ました。技術的なことはわかりませんが、防カビ処置の不足した上に、新しい壁を貼り付けたためか、または、湿気の多い場所に向かない材質の物を張り付けたためではないかと考えています。

分業だったためか、壁によっては材質も違い、縁にコーキング材も塗られ、同じ湿気の多い場所でもしっかり張り付いている壁もあります。剥がれた壁の場所を張り替えされたのは、犬の世話をしていた方でした。作業当時は「やさしい人柄」と、好感を感じていましたが、今は公私の区別のついていない人だったのでは?などと感じています。

リフォーム後しばらくして、依頼した大工さんが廃業されてしまい、相談したくても、どこへ連絡していいかわからず困りました。リフォームを専門に実績を積んでいる会社に依頼し納得の行くまで調べ、打ち合わせを重ねてリフォームするべきだったと今は思っています。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>