中古住宅をリフォームする際の注意点とは?

新築よりも手ごろな費用で手にできる中古住宅。立地も良く、生活にあった広さの為思い切って購入したという方もいらっしゃると思います。

ここからご自身でリフォームを行い、安心して生活のできるお住まいを維持していくことになるのですが、住んでみて予想と違った!希望のリフォームが出来ないといった制約にお悩みの方も出てくると思います。

中古住宅の思わぬ落とし穴は、住宅としての基本性能が、現代の住宅よりも劣っている可能性があるということです。

断熱性が低く、住んでみたら冬は寒いし夏は暑い…耐震性に関してはどうすれば良いの?と頭を抱えるような問題点が隠れています。

購入する前に後悔がないように、どのような住宅かを見極める必要があります。

ポイントは建てられた年数です。1981年に耐震性能、1999年に断熱性能の基準の変更、2003年には24時間換気システムの導入が義務となりました。

その為それ以前に建築された住宅は、何かしらの性能に欠けている可能性がありますので、ご自身でリフォームをする必要があります。

見栄えが良いだけでなく、住宅の構造や性能に関して、しっかりと吟味したうえで中古住宅を購入しましょう。

カテゴリー: リフォーム   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>